うつ病は入院で集中的に治療が出来る~環境チェンジ療法~

女性

患者さんを守るための方法

育児や家庭を気にしやすい

カウンセリング

うつで入院している患者さんの多くは出来るだけ早く退院を希望する人が多いのです。入院することで患者さんの命を守る為に必要なことです。患者さんの症状には命の危険を忘れて早期に家庭に戻りたいと思うのです。理由として家事や育児が出来ないことから離婚問題が起きているといううつの症状でもある被害妄想を持ちやすくなるからです。以前のように家事や育児を完璧にこなすことで離婚問題が解決すると思いこんでいるためなのです。結婚している場合は入院中に起きやすいことです。この時は家族からその心配はないことを伝えてもらうことがうつの症状を軽しくして入院に専念することが出来ます。うつの患者さんに対して周りの協力が必要になるのです。患者さんを安心させることが早期にうつが回復していけるポイントになります。常に心配や不安を抱えているのがこの時の患者さんです。これは薬では改選できない典型的な症状です。入院を短期間で済ませるためには患者さんの被害妄想を軽くして命に危険のあるものを遠ざけておくことが重要になります。

世間と離れた環境で過ごす

うつで入院することは症状を安定させる目的があるのです。そのためには静かな環境で体を休めることが治療になるのです。三食の規則正しい食事と薬をしっかりと飲む習慣を身につけることです。内科や外科とは違い点滴の治療などはないのです。好きなことをして過ごすことが治療になります。うつになると以前まで夢中になれていた趣味に興味を持てなくなるのです。また発病のきっかけになる出来事がある場合は思い出すことで不安定になりやすくなります。ですから出来るだけ患者さんにとって危険因子から離すことが治療になるのです。これが改善されないと社会で参加していく事が出来ないのです。理由は体力や脳の働きが悪くなっていくからです。多くの人患者さんが回復して普段のように社会参加できることを待っています。家庭でも家事育児に追われている家族からも回復を願っているのです。それほど期待され求められているのです。周りの評価が高いのです。みんなの期待にこたえられるようにうつで入院して治療をしているのです。