うつ病は入院で集中的に治療が出来る~環境チェンジ療法~

女性

心や生活の乱れを正す治療

医者

24時間体制の環境

うつ病での治療は、通院という形だけでなく入院する方法もあります。患者自身が選べたり、場合によっては医師や家族から勧められることも見られます。この入院をする必要性は、症状が重症な場合や、自宅などの静養するための環境が良くない場合などです。症状が重症になると、一緒に住んでいる家族にも対応が難しくなり、1人暮らしの場合でも危険な状況になってしまいます。また、うつ病はゆっくりと静養できる環境が何より必要です。それがストレス解消になるので、それができない環境であれば入院施設での落ち着ける環境で治療をしていくことが最適です。入院をするメリットは、まずは通院をしなくて済むことや集中的に治療に取り組める雰囲気となっていることです。そして、他の患者と共同で生活していくことで、同じ立場の人とコミュニケーションを取っていくこともできます。早寝早起きや決まった時間での食事など、規則正しい生活習慣がうつ病にはとても効果的となります。それまで悲観的でやる気のない症状であっても、このような生活が意識を少なからず変えてくれます。うつ病は完治するまでに長く時間がかかる人もいますが、入院によって集中的な治療や環境から短期間で回復できる人も少なくないのです。

事前の情報収集

このうつ病で入院できる病院は、病床のあるところでできます。外来専門の病院であれば、入院施設のある病院を紹介してくれます。入院をする場合は、そういう施設のある病院であればどこでもいいという訳ではありません。病院によってその体制は変わってくるので、これを詳しく分かったうえで自分に最適な病院を選んでいくことが大切です。病院を紹介してくれる場合は、その具体的な情報を医師に確認しておくことです。自分で探す場合も、あらかじめ施設内を見学できるところもあるので、雰囲気を確かめておくのもいいでしょう。また、家族が見舞いに通いやすいような距離や立地なども重要です。多くの人は、こういう病棟は田舎にあると思ってしまいがちですが、全部がそういう訳ではありません。確かに、静かで自然豊かな環境は治療にも効果的ですが、都会の中でも入院施設はいくつもあるのです。入院ではストレスを感じないことが最も重要なことなので、気になることは調べていくのが正解です。そのためにも、情報収集を徹底していくようにし、1人でできないことは家族に頼ってみることも必要です。

患者さんを守るための方法

カウンセリング

うつの患者さんは周りの評価が低いと思いこみやすくなります。この時に入院して治療することで周りがどれだけ回復することを希望しているのか把握することが出来ます。周りの人の協力が必要になるのです。普段の状態に戻れるように入院して治療しているのです。

目に見えない心の病気

医者と看護師

うつ病は、目に見えない病気なので社会には理解されにくい病気でした。しかし最近はその病気の原因や症状などもよく知られるようになりました。通院でも治りますが入院もひとつの治療方法です。社会や家庭から離れた環境でゆっくり過ごすことも必要です。

心の病を早期発見しよう

女性

重いうつ状態を抜け出すのは個人の力では困難であるとされています。その際には入院を選択してみることをお勧めします。また、インターネット上でストレスチェックも受けられるようになってきていますので、もしかしたらと思ったら進めてみると早期発見へと繋がるかもしれません。

心の病の治療

病院

さまざまなうつ病の治療薬が開発され、外来でも良い治療が受けられるようになり、入院が勧められるケースは減ってきているといわれています。しかし、入院の環境によって良い結果が得られる場合もあります。日本の社会保障制度は充実しているので、経済面のことは気にせず、安心して治療に専念することができます。

心の病を改善する方法

女性

うつ病は心の病気で、ストレスが多い現代社会では社会問題にまで発展しています。周囲の理解を得られない傾向もありますが、治療をするには専門的な病院で入院をするのが効率的。しっかりとした治療体制があるので安心できます。